施設・部門のご案内

施設案内

内視鏡室
リカバリールーム
CT室
X線TV室
超音波断層撮影室
リハビリテーション室

充実した「検査・画像診断」

内視鏡センター、16列マルチスライスCT、超音波断層撮影装置を装備

電子画像管理システムにより迅速な診断を提供いたします。

安静を必要とする検査後は静かなリカバリールームでご休憩いただけます。

当院では最新鋭の医療機器を導入致しております。

◎ OLYMPUS 内視鏡ビデオスコープシステム 「EVIS LUCERA ELITE 」を導入致しました。

(平成28年7月導入)

LUCERAELITEシステム

当院では最新鋭の内視鏡ビデオスコープシステムを導入致しました。

この装置には、「狭帯域光観察(NBI)」が備わり対象臓器の奥まで明るく映し出し、詳細な観察により病変部位の発見が可能となりました。また、「上部消化管汎用ビデオスコープ OLYMPUS GIF-XP290N」により、高画質な画像での観察が可能となりました。

◎ 高性能フルデジタル全身用 超音波診断装置(東芝 Aplio300)導入致しました。
(平成24年10月導入)

 当院では最新鋭の高性能超音波診断装置を導入いたしました。この装置は高速演算プロセッサで大容量のデータを処理することで、高精度でフレキシブルな超音波ビームを形成します。これにより、より高い空間分解能や新しいイメージング技術を搭載し、先進の高画質を得ることが可能となりました。

 超音波診断装置・東芝 Aplio300(PDF)

リハビリテーション施設基準

リハビリテーション施設基準 脳血管リハビリテーションⅡ
運動器リハビリテーションⅠ
呼吸器リハビリテーションⅠ

理学療法士数

作業療法士数

4名

1名